最新記事 

股関節の違和感 左足短い

赤ちゃん整体・発達障害〜
脊柱側湾症まで 
中心軸をつくる骨格細分化調整側湾症まで

 

東京以外では
こちらでも調整を受けられます
京都府亀岡市
なかむら接骨院

 

骨格細分化とは
脊柱側湾症に対する調整
側湾症・当方の考え方
整体師 プロフィール

トップページへ
初めての方はこちらへ
料金/営業時間
所在地/地図
検査から調整の流れ
お問い合わせはこちらへ

側湾症整体の雰囲気
よくある質問と回答

脊柱側湾症実例写真

実例写真1
実例写真2
実例写真3
実例写真4
実例写真5
実例写真6
実例写真7
実例写真8
実例写真9
実例写真10
実例写真11
実例写真14
実例写真15
実例写真16
実例写真17

関連サイト

中心軸赤ちゃん整体
中心軸骨盤矯正
発達と歪み研究所
ちゅうしん健康日記
ちゅうしん基本食日記


実例一覧
調整方法

歪みの原因 
中心軸は必要?中心軸をつくる    
会社概要  
リンク  
相互リンクはこちらへ



骨格細分化の実例分析

外反母趾
ストレートネック
外脛骨
首痛
肩こり

側湾症整体院 実例

真っ直ぐ立てない
背中が丸い
肩が痛い、腰痛
首痛・花粉症
腰痛
骨盤の歪み・不妊症
膝痛
手首が痛い
うつ状態で出社出来が
左でん部が痛い
耳鳴り
肩こり・冷え性むくみ
頭痛・生理不順だるさ
先天性股関節脱臼
腰痛・股関節痛・膝痛
斜視・口内炎
頭痛・胸痛・腰痛
脊柱側湾症(側湾症)
脊椎後湾症 猫背
産後の骨盤の歪み
首痛・頭痛・嚥下が
手首捻挫・肩が
脇腹の痛み
首、腰、体ねじれてる

全身不調、内股
肩甲骨の奥が痛い
踵が痛い
肩こり
変形性膝関節症・O脚
O脚・膝痛
尿もれ
腰痛・股関節痛
捻挫 股関節痛
腰痛 腰が抜ける
左肘痛 寝違え肩痛
腰痛 指の痛み
膝痛
股関節痛 臀部痛
肩の奥が痛い
膝痛
膝痛 2
原因不明 股関節痛
右でん部痛・腕しびれ
めまい、吐き気
坐骨神経痛
手首の痛み
すねが痛い
肩甲骨内側の痛み
肩と膝の不調
首のズレと手のシビレ
頭の形
股関節痛 変形性膝関節症
股関節痛 変形性膝関節症2
坐骨神経痛 脊柱管狭窄症
4才 側湾症
膝痛と股関節の歪み
20年以上の腰痛
左腿裏が張って痛い
外反母趾、脊柱側湾症、ストレートネック
20年以上の腰痛2
股関節痛 歪みと動きの修正
膝痛 脊柱側湾症
首痛 脊柱側湾症
顎の痛み 身体が曲がっている気がする
顎の痛み 身体が曲がっている気がする2
体の歪み 膝痛 腰痛
右足が短い くびれの位置が違う
右目でみる、首・肩こり
股関節の違和感 左足が短い


脊柱側湾症、脊柱後湾症の
実例写真を掲載します。

新規受付について

現在、新規での受付枠の足りない状況が続いています。誠に申し訳ございませんが、新規でご希望の場合、メールにて先に受付のみ済ませて頂き、準備が整い次第連絡という形になっております。

 

・骨格細分化調整は、医療行為ではないため病気の治療は行いません。より良く立てる身体作りを目的に行う骨格調整です。

・骨格細分化調整で不快症状が改善する事があります。しかし「マス目の歪み」が原因の不快症状を「病気」と誤解されている場合に限ります。このような時「マス目の歪み」を整えることで、病気と思われていた不快症状の改善が期待できます。

例えば、立てない、歩けない、発達障害、脊柱側湾症、猫背、向き癖、斜頚、外反扁平足、内反足、尖足、斜視と思われていた症状が、病気ではなく「マス目の歪み」が原因となっている場合、改善が期待できることになります。

・骨格細分化調整における検査は、病気の診断や、原因を特定するものではありません。「マス目の歪み」という独自の考えの元に、現状把握、調整箇所特定及び、全身バランスの変化観察の為に行われるものです。

予約方法に関するお願い

予約、予約の変更、キャンセルは、メール受付優先 とさせて頂きます。

脊椎側湾症 前 脊柱側湾症 後
調整前               調整後


「調整後の変化」の写真は調整前と調整中の写真を重ねたものです
脊柱側湾症脊柱側湾症2脊柱側湾症3
  調整前       調整中     調整後の変化


脊柱側湾症5
  調整前       44回目     調整後の変化

脊柱側湾症9
  調整前       26回目     調整後の変化


  調整前       35回目     調整後の変化

 

 股関節の違和感 右足が短い

20代 女性

股関節に違和感があり左足が短い
腰痛、頭痛もある

全文はこちらへ

 右目でみる、首・肩こり

40代女性

頭が重く、首と肩のこりがひどい。
テレビを見る時、いつも右目で見ている

全文はこちらへ

 右足が短い くびれの位置が違う

20代女性

くびれの位置が違いすぎて気になる。
左腰が出っ張っている。

全文はこちらへ

 体の歪み 膝痛 腰痛

50代女性

右膝と腰が痛く病院にて電気治療中。
なかなか改善されず、最近正座も出来なくなった。

全文はこちらへ

 顎の痛み 身体が曲がっている気がする2

2〜5回まで股関節調整
調整のたびに捻れが減少し、全体に緩んでいく

全文はこちらへ

 顎の痛み 身体が曲がっている気がする

50代女性 Yさん

左顎〜首〜肩にかけた痛い。
口を開けたり、強く噛むと痛みがある。
腰痛、膝痛、偏頭痛、歪んでいる気がする。

全文はこちらへ

 首痛 脊柱側湾症

40代女性

立位では、左肩が下がり 肋骨も左下がりのため、
背骨が側湾症のように湾曲している状態。
そのバランスをとるために 頭部が右に傾くため、首が痛いと推測。

全文はこちらへ

 膝痛 脊柱側湾症

50代女性 Aさん

骨盤が大きく傾き、左足に1CMのインソールを入れて
水平になる状態。その影響で頭部が右に、身体が左に
ズレている。

全文はこちらへ

 歪みと動きの修正 股関節痛

20代男性 Kさん

歩きでは、左足着地時に左股関節が外方向に出っ張る動き。
左腸骨の後方変位が大きく左腿裏の緊張が強い。

全文はこちらへ

 腰痛20年以上2

70代女性

20年以上の腰痛歴
12回の調整後に変化がありました。

全文はこちらへ

 脊柱側湾症、外反母趾、ストレートネック

40代女性

右足のみ外反母趾で左腕がしびれる

全文はこちらへ

 左腿裏が張る 痛い

26才男性

左腿裏から臀部にかけて張って痛い

全文はこちらへ

 腰痛 股関節痛 変形性膝関節症2

6回調整後
腰が安定して、右膝も楽になってくる。

全文はこちらへ

 腰痛20年以上

70代女性

頭が5CM右に平行移動した状態。頭部の右ズレの原因が 仙骨の歪みと判明し調整。

全文はこちらへ

 股関節の痛み 膝痛

70代女性 Kさん 

数年前からギクっとなる事があり、この一年で悪化した。

全文はこちらへ

 4才 自閉症 アトピー 脊柱側湾症

2歳までハイハイすることもなく歩けなかった。
服の上からでも、背骨の湾曲が目立つ。

全文はこちらへ

 変形性膝関節症 股関節痛 腰痛

60代女性 

10年前に腰痛、膝痛で入院した。
長年の腰痛、変形性膝関節症、右のみ外反母趾

全文はこちらへ

 脊柱管狭窄症 坐骨神経痛 首痛

病院にて、腰椎4番・5番の脊柱管狭窄症と診断された。

全文はこちらへ

脊柱側湾症・脊椎側湾症 実例 17
脊椎側湾症 前 脊柱側湾症 後
調整前           調整後

全文はこちらへ

2012年5月側湾症と姿勢全般のご相談で来院 した小学4年女子Tちゃん。 側湾症と指摘された当初25度との診断。 コルセット使用により5度まで改善された。 使用を止め、姿勢の為にとクラッシックバレエも 習い始めるが、再び湾曲し15.5度に。

脊柱側湾症・脊椎側湾症 実例 16
 
調整前       12回目

全ての実例写真はここをクリックしてください

2012年5月8日 社会人になってから、会社の健康診断にて側湾症と診断された27歳女性。年々、歪みの度合いが強くなっていくのを感じられ、不安になり来院されました。

 

脊柱側湾症・脊椎側湾症 実例 15
 
調整前         58回目

全ての実例写真はここをクリックしてください

2011年2月20日 モニターとして調整を受けられた、33歳の女性です。先天性股関節脱臼のため、両足共に4回手術されました。右足が2〜3CM短い状態です。その他、斜視、外反母趾、X脚、小顎症、伝音難聴、無月経、発達障害などの症状があります。

調整後、腸骨の傾き、腰椎の傾きをチェックしながら、2CMのインソールを右に入れて頂きました。インソールだけでも、かなり変化しました。今後は、33年間に足の長さの違いにて形成されてきた、骨格の歪みを整えていくことになります。

側湾症モニターの感想文

私は先天性股関節脱臼のため、子供の頃から何度も手術を受けていましたが、やがて側湾症になり、足や腰、背中の痛みや見た目にずっと悩んできました。

病院ではこれ以上治療の望みはなく痛み止めをもらうだけ、整体に通えば楽になってもしばらく経てば痛みも歪みもぶり返すという具合で、治る見込みはないのだろうかという気持ちでいたところ中心軸整体にたどり着きました。

モニターの方の写真や様々な症例を見て私も治るだろうかと期待と不安で一杯でしたが、初回から効果を実感できて驚きました。

施術後、立ってすぐに今までとは目線の位置や高さが変わっていて、自分の身体は今まで右にずれていたんだなと気付かされました。

また持参したレントゲンで股関節のずれにより足の長さに違いがあり、必要な中敷の厚さを教えてもらう事が出来ました。

通いはじめてからは、腰や背中の痛みが減り、動きに安定感が出てきました。マッサージ整体も回数を減らしても全然問題なく身体がもっているので、(今までは1週間に1度は行かないと辛くて仕方がなかったのが嘘のようです。)とても嬉しいです。

その他にも、斜視や難聴にも思わぬ効果が出ていて感動しています。

施術後は先生の目を真っ直ぐ見て話せるようになっていました。

しばらく経つと元の斜視に戻ってしまうのですが、通うごとに直視を維持できる時間は長くなっています。

先生も以前は斜視だったという話を聞き、希望が持てるようになりました。

難聴に関しても、施術後、カーテンの音や布ずれの音が妙に響き不思議に思っていました。

ほとんど片耳だけで聞いていた状態だったぼが、両耳で聞いている実感があり、わずかながらも音に奥行きがあると気づきました。

今までになかった身体の機能が動き始めたような気分です。

良い変化、新しい変化を発見するために、これからも続けて通いたいと思います。

脊柱側湾症sw

脊柱側湾症・脊椎側湾症 実例 14
 
調整前       10回目

全ての実例写真はここをクリックしてください 

2009年8月25日 モニターとして調整を受けられた、34歳の女性です。 中学一年で湾曲が進み、以来、慢性的に腰痛。出産後、腰痛が悪化。その他股関節、背中の張りなどの不快感で来院。調整4回目でそれらの不快はほぼなくなりました。急激な変化は見られませんでしたが、調整のたびに全身が緩み中心に寄っている感覚がありました。9回目には写真でわかる位に見た目にも変化してきました。調整前は左にせり出ていた腰が調整9回後では明らかに中心線に寄っているのがわかります。丸まった背中が伸びて胸が広く、首の突き出し感の減少、調整前は猫背気味で肩の前巻きから高めだった肩甲骨の位置が、右の写真では余裕が出て下がっているのがわかります。

脊柱側湾症・脊椎側湾症 実例1
脊柱側湾症 施療前 
調整前      35回目

全ての実例写真はここをクリックして下さい

2008年7月16日 モニターとして調整を受けられた高校1年生の調整前、調整後の写真です。 中学校時代に49度の脊柱側湾症と診断され、手術をすすめられているそうです。

側湾症モニターの感想文

僕は今まで別の整体に通っていましたが、あまり効果がなく、初めてこの整体に来た時も、どうせ変わらないだろうと思っていました。

実際に何度か調整を受けてみても特に変わった様子もなく、あまり変わっていないと思っていました。

でも写真を見てみると、自分が思っていたよりも背骨の部分が真っ直ぐになっていて、体全体のバランスも前より良くなっていたので少し驚きました。

こちらの整体の調整は僕が思っていたものとは違い、背骨ではなく骨盤のあたりを、木でできた機械のようなもので何秒か押し、それをそれを何度か繰り返す繰り返すというものです。

そのため疲れている時などはすぐに眠ってしまい、気付けば調整は終わっています。

このように、痛みもなく調整できて、背骨も少しずつ元に戻っているので、僕はこの整体で調整を続けたいと思っています。

脊柱側湾症・脊椎側湾症 実例2
 
脊柱側湾症 実例写真2-1 
調整前     32回目

全ての実例写真はここをクリックして下さい

2008年9月10日 モニターとして調整を受けられた41歳の女性です。 過去様々な整体を受けてきましたが、変化が見られず、最近になって、背骨の影響からか、全身の倦怠感や、腰痛などに悩まされてのご来院です。 病院の検査では異常なしとの事でした。 調整前の写真では、上半身が左にズレていますが、1回2回目では、上半身が中央に寄ってきているのが分かります。体調も良くなってきたそうです。

脊柱側湾症 実例写真2-k

脊柱側湾症 実例写真2-k

脊柱側湾症・脊椎側湾症 実例3
脊柱側湾症 実例写真3-1 脊柱側湾症 実例写真3-10
調整前   10回目

全ての実例写真はここをクリックして下さい

2009年1月25日 モニターとして調整を受けられた39歳の女性です。 中学1年生の時、側湾症が発見され、30代には43度と診断されました。 現在は、全身疲労、首・肩・腰痛などの症状で苦しんで来院されました。

脊柱側湾症 実例写真3-k

脊柱側湾症・脊椎側湾症 実例4
脊柱側湾症 実例写真4-1 脊柱側湾症4−76
調整前     76回目

全ての実例写真はここをクリックして下さい

2008年5月29日 モニターとして調整を受けられた27歳男性の調整前、調整後の写真です。 中学生の時、50度の脊柱側湾症と診断され装具も装着されました。 その後はいろいろな治療を受けられましたが、あまり変化はなかったようです。 中学の頃より、腰はいたかったそうです。 しかし、最近になって、首のこり、腰の痛み、背中のこりが悪化し、心臓の鼓動が気になりだし、来院されました。

脊柱側湾症 実例写真4-k

約2か月間の調整を終え、大きな体調の変化は見られなかったものの、調整前には感じられなかった地面に対して両足でバランス良く立てる事を自覚することができるようになりました。

また、体の中に中心を意識できるようにも感じてきています。

体調に関しましては腰痛、肩凝りなどいろいろな違和感は感じるものの、以前に比べ周期が遅くなっているようです。

やはり長い年月をかけて湾曲しました脊椎ですので、簡単には正常に戻らないと感じてはおります。が、同時に今後も、この調整を進めていくことで必ずよい方向に向かっていくのだとも感じております。

最後に調整そのものについてですが、鍼治療や従来の整体などにともなう痛みなど全くなく、とても心地よく調整が受けられました。

脊柱側湾症・脊椎側湾症 実例5
脊柱側湾症 実例写真5-1 
調整前    22回目

全ての実例写真はここをクリックして下さい

2009年3月11日 モニターとして調整を受けられた30歳の女性です。 中学生の時はコルセットを着用されていましたが、高校生の頃には、36度と診断されました。

脊柱側湾症 実例写真5-k

脊柱側湾症・脊椎側湾症 実例6
脊柱側湾症 実例写真6-1 
調整前     40回目

全ての実例写真はここをクリックして下さい

2008年10月9日 モニターとして調整を受けられた29歳の女性です。 中学2年生の時、40度の側湾症と診断されコルセットをつけられました。 初回でも、写真でわかるほど変化されました。

脊柱側湾症 実例写真6-k

脊柱側湾症・脊椎側湾症 実例7
脊柱側湾症 実例写真7-1 脊柱側湾症 実例写真7-13
調整前    13回目

全ての実例写真はここをクリックして下さい

2008年10月4日 モニターとして調整を受けられた38歳の女性です。 中学生の時、側湾症と診断されコルセットをつけられました。 第二子を出産後、湾曲が進み、背中のコリもひどくなったため来院されました。 初回でも、側湾症がかなり変化されました。

脊柱側湾症 実例写真7-k

脊柱側湾症・脊椎側湾症 実例8
脊柱側湾症 実例写真8-1 
調整前     21回目

全ての実例写真はここをクリックして下さい

2008年8月10日 モニターとして調整を受けられた33歳の女性です。 小学校の時に脊柱側湾症と診断されたそうです。

11回目は2ヶ月後でしたが、戻りはなく
調整は順調に進んでいます。

脊柱側湾症 実例写真8-k

脊柱側湾症・脊椎側湾症 実例9
脊柱側湾症 実例写真9-1 
調整前     31回目

全ての実例写真はここをクリックして下さい

2008年5月21日 モニターとして調整を受けられた25歳女性です。 中学生の時、30度の脊柱側湾症と診断され装具を1年装着されました。その後は経過観察との処置だったそうです。

脊柱側湾症 実例写真9-k

私自身に痛みも違和感も全くなく、骨がまっすぐになっているなどど正直思えないくらいでした。

調整自体もただただ横になっているだけで痛いわけでもなく本当に寝てしまえるぐらい楽なものでした。

でも私自身うつぶせが多かったというか、ほとんどうつぶせの状態でした。
意外と全く動けない状態で2時間うつぶせでいることがこんなにも辛いものなのだと知りました。

私自身は実感というものを感じませんでしたが、写真を見る限りでは5回目の調整を行った後、右脇腹が急にスッキリした様に思います。

左と右では、くびれのラインがやはりまだ違いますが、何もしなかったころに比べたら、右にくびれが出来た事はやはり進歩だと思います。

調整を止めてしまったら、また徐々に戻っていってしまうかもしれないを思っているのが正直な気持ちです。

でもせっかくここまで戻ったんだから、今の状態が少しでも長く続くように、筋トレなどをして今の骨の位置をキープ出来る様にしたいと思っています。

始め、側湾症は治らないを思っていましたが、なんか受けてみようかなと思い通い始めてみて私的にも満足いく結果が出ました。
有りがとうございました。

脊柱側湾症・脊椎側湾症 実例10
脊柱側湾症 実例写真10-1

調整前     101回目

全ての実例写真はここをクリックして下さい

2008年6月22日、モニターとして調整を受けられた37歳女性です。 小学4年生で、脊柱側湾症と診断され、中学まで装具を付けていました。

脊柱側湾症 実例写真10-k

私はこちらに出会うまで色んな整体に通っていました。
それらの整体と違うと所は、一切 背骨に触れないという所です。

今までは湾曲している側の背骨を揉んだり、おしたり、引っ張ったり 色々と刺激を与えて矯正するのが普通だと思っていました。

そして長く通って全く何も変わらず、整体を転々としてました。やはり大人になって、もう骨は動くはずもないと諦めていました。

しかしこちらのやり方は全く違います。今まで他で通っていた15年間は一体何なんだったのかと思うほど、ただ歪んだ骨盤に重しを乗せ、痛みもなく、眠ってしまうほど、楽な感じで終わります。

Sの字に曲がっている背骨が段々と伸びていっている感じが自分でも分かってきました。姿勢も良くなってきているようです。

ただ長い人生のほとんどが曲がっているわけで、そんな短期間で戻るとも思っておりませんが、これからも続けて通って、よい結果が出るように頑張りたいです。
これからも宜しくお願い致します。

脊柱側湾症・脊椎側湾症 実例11
脊柱側湾症 実例写真11-1
調整前       48回目

全ての実例写真はここをクリックして下さい

2008年5月7日 モニターとして調整を受けられた36歳女性です。 学生時代に脊柱側湾症と診断されました。5回で側湾症と、わからないくらいに変化されています。

11回以後は、1~2か月に1回の
調整ですが、元に戻ることはありません。
脊柱側湾症 実例写真11-k

10代の頃より側湾と診断されていましたが、今まで特につらい痛みや不自由さはなく過ごしてきました。

今回もう一度、自分の体を見つめ直すためモニターに応募しました。

調整は頭がい骨やろっ骨を丁寧に触診し歪みを探す事から始まりました。
そして歪んでいる部分に軽いおもしを数分間のせます。
清潔なお部屋で静かなBGMの流れる中、私はいつも熟睡してあっという間に2時間の治療が終わります。

はじめはボキボキと骨を押したりしなくて本当に矯正されるのか不安になることもありました。
しかし、たった一回の調整で明らかに歪みが改善されました。
その後も写真の経過のとおり、どんどん良くなりました。

もとから痛みがなかったので、痛みがなくなったなどの体感はないのですが、家族からも見た目の変化に驚きの声がありました。

10回のモニター調整が終了し、側湾は、ほとんどわからなくなりましたが、まだ骨盤のねじれがあるので今後も調整を継続したいと思います。

脊柱側湾症・脊椎側湾症 実例12
脊柱側湾症 実例写真0-1脊柱側湾症 実例写真0-2
調整前           施療後 
脊柱側湾症 実例写真0-3脊柱側湾症 実例写真0-4

2008年4月9日 モニターとして調整を受けられた28歳女性の1回目の調整前、調整後の写真です。 20度の脊柱側湾症と診断されたそうですが、初回でも見てわかるくらいに変化されました。

 

脊柱側湾症・脊椎側湾症 実例13
脊柱側湾症 実例写真0-5脊柱側湾症 実例写真0-6
調整前            施療後

脊柱側湾症 実例写真0-7 脊柱側湾症 実例写真0-9

  レントゲン写真     15度側湾症との診断表

脊柱側湾症・当院の考え方

 

脊椎側湾症(脊椎側湾症)・当院の考え方

当院で多い症状の一つに側湾症があります。

病院で診断されて来る方もいれば、ご本人の自覚として

「背骨が曲がってる感じがする」

と言われてお見えになる事もあります。

背骨自体の湾曲がなくても、

上半身と下半身の位置が前後左右にズレてる方も非常に多いです。

肩腰膝と、側湾症での来院でなくても9割方大なり小なり

上記した様な前後左右ズレがあります。

調整が進むと中心軸が形成されてくるので、

ほとんどの方が左右ズレが整ってきます。

側湾症の原因について、考え方は様々ですが、当院の考え方は以下の通りです

1、頭部の直接打撃によって、
  
  左右アンバランスが生じ立つ為に背骨の一部がバランス

  をとり、左右ズレを起こす。


2、下半身の歪みを、立つ事で上半身が受け止めている。

  体操競技やクラシックバレヱなど、

  下半身を真っ直ぐに矯正して立つスポーツなどの

  場合、歯磨き粉のチューブが押し上げられるように、

  下半身の歪みが上に押し上げられ、

  歪みの逃げた(押し上げられた)結果として

  背骨に歪みが集まった。



集まる箇所は人それぞれで腰だったり首だったりと、

特徴はやはり左右ズレが生じる事です。

私達の体にねじりパンのような、ねじれがあったとして、

そのねじれを下から締め上げた事を想像してみて下さい。

ねじれは更に上部へ巻き上がります。

どこかでねじれを受け止めないと体はぐるぐる回ってしまいます。

それぞれ受け止めた箇所に歪みが溜まったものと考えています。

いずれの状態にしても、

体からの指示に従って絡まった糸をほどいていくのが

骨格細分化調整です。

 

脊柱側湾症(脊椎側湾症)に対する調整

 

側湾症には、機能性側湾症・構築性側湾症等あります。

骨格細分化調整では、全身3000以上に分割した骨格パーツの歪みを確実にとらえ、全身の骨格を整えます。

結果として、身体の中心軸(センター)が形成されます。

当院で調整した脊柱側湾症(脊椎側湾症)の原因

 幼い頃、自転車で転倒し頭部を強打した頭部の歪み

 幼少期のスポーツでつくった、すね、もものネジレ

 幼少期からの横向き寝の習慣からくる頭部の歪み

上記以外にも、様々な原因が考えられます。

足首を捻挫して変形すると、長年の生活で、すね、ももの骨も重力の影響にて、歪んでしまいます。

その下半身の歪みから、背骨が曲がってしまうクライアントは多数来院されています。

当院では、患者様の様々な歪みのお悩みにお応えします。

骨格細分化調整は今までにない、新しい調整方法です。

どこに行っても効果の無かった方、改善されなかった方、ぜひ、一度ご相談ください。